ホームページ制作は難しくない

ひと昔前までは、ホームページ制作は専門の制作会社の仕事で、ホームページの更新も更新の度に制作会社に依頼して、そのつど費用が発生するのも当たの前でしたが、WordPressの設定が簡単に出来るサービスが出てきて、誰にでもホームページ制作が出来るようになりました。

wpXを使えばボタン一つでWordPressがサーバーにインストールされる

レンタルサーバーで多くの実績があるXサーバーがWordPress専用のレンタルサーバーのサービス、wpXを開始しました。WordPress専用サーバーなので、他のレンタルサーバーよりも価格は高めですが、MySQLの設定やWordPressのインストールやwp-config.phpを記載してアップロードするなど、初心者には難しい設定が一切無く、ボタン一つでWordPressを開始することが出来ます。

WordPressの設置はとても簡単

ドメインを取得する

ホームページを自分で開設する場合は、まずホームページのアドレスとなるドメインを取得する必要があります。ドメインの取得サービスで代表的なお名前ドットコムで取得する場合は、トップページに取得したいドメインを入れて取得可能か検索します。

お名前ドットコム

検索するとトップレベルドメイン毎に取得可能な一覧が表示されます。

ドメイン

取得したいドメインが決まれば、料金確認へ進み、ユーザー登録して、支払を完了すれば、ドメインが取得出来ます。

ネームサーバーを指定する

お名前ドットコムのメニューから「ドメイン」→「ドメイン機能一覧」をクリックします。表示されるドメインからネームサーバーを指定するドメインを選択して、ネームサーバーの選択で「その他」のタブを選びます。

ネームサーバーに、ns1.wpx.ne.jp、ns2.wpx.ne.jp、ns3.wpx.ne.jpを記載すれば、ドメインを参照した時にwpXを見に行くようになります。

wpXの設定

ドメインの追加設定

wpXの管理パネルで「ドメイン追加設定」をクリックして「ドメイン追加」のタブを選びます。

ここにお名前ドットコムで取得したドメインを記載して、「ドメイン追加(確認)」をクリックすると、認証方法の選択項目が表示されますが、通常はWhois認証で大丈夫です。

WordPressをインストール

wpX

左側のメニューに「新規インストール」があるので、ここをクリックします。

WordPressのインストール

サイトアドレスで追加したドメインを選びます。WordPressIDは、WordPressの管理画面にログインする時のユーザー名になりますので、記載したIDはどこかに控えを残しておきましょう。

ブログタイトルはサイトのタイトルになりますが、インストール後に変更も可能なので、あまり悩まなくても大丈夫です。自分のメールアドレスを記載して、独自SSLにチェックを入れて「次へ進む」をクリックするとWordPressのインストールが開始されます。

インストールが完了すると、設定されたパスワードが表示されるので、このパスワードも忘れないように控えておきましょう。

管理パネルに戻って、インストール済みWordPress一覧を表示すると、インストールされているWordPressが表示されるので、ダッシュボードへをクリックすると、WordPressのダッシュボードのログイン画面が表示されるので、先ほど控えておいたIDとパスワードを入れてログインします。

WordPressのテーマを選ぶ

ダッシュボードが表示されると、「別のテーマに変更する」のリンクがありますので、このリンクをクリックします。ここで、「WordPress.org」にチェックを入れると多くのWordPressのテーマが表示されるので、好きなテーマを選んで「インストールしてプレビュー」をクリックすると、新しいテーマをダウンロード中となり、「ライブプレビュー」をクリックして「カスタマイズ」をクリックするとカスタマイズが可能になります。

カスタマイズの詳細はテーマによって様々ですが、多くのテーマは「外観」→「カスタマイズ」で編集が可能です。このカスタマイズ方法はテーマによって様々ですが、ここでトップページのデザインが決定しますので、時間を掛けて好みのデザインに仕上げて下さい。

下層のページは「投稿」→「カテゴリー」でカテゴリーの名前「メニューに表示するカテゴリー」。スラッグ「カテゴリーのファイル名」を記載して新規カテゴリーを追加をクリックします。

次に「外観」→「メニュー」で、カテゴリーや固定ページの中からメニューに追加するページやカテゴリーを選んで、メニューに追加をクリックします。下のメニューの位置で表示するメニューの位置を選択すれば、メニューが表示されます。

後は、随時投稿や固定ページを記載すれば、どんどん反映されるので、コンテンツが増えて好きます。