新規ドメインで公開後6ヶ月は全く反応が無い

新規ドメインでホームページ制作を行っても、公開後6ヶ月はGoogleから評価されず全く反応はありません。多くの企業は、ホームページが納品されてもそのまま更新やコンテンツの追加を行わずに放置していることが多いのかと思います。

一方で、ホームページを重要な販売ツールと位置付けてホームページの更新を続ける企業もあります。しかし、実際には、ホームページの更新を行ってもGoogleがドメインの信頼度を把握したり、コンテンツの質の評価をするのに最低6ヶ月は必要で、その期間は全くGoogleからのアクセスは期待出来ません。

最低6ヶ月はGoogleからの流入が無いことを知っていれば、それなりの対処が出来ますが、このことを知らないと、最初の1ヶ月程度、ページの更新を頑張っても全く反応が無いために、更新を諦めてしまう企業も多いです。

耐える

Googleが新規ドメイン公開後の本気度を試している

実際のところはどうなのか分かりませんが、6ヶ月間Googleからの反応が全く無いのは、Googleがホームページを公開した企業がネット集客を本気でしたいと思っているのかを試していると考えれば良いでしょう。

本気で集客したいと考えていれば、Googleからのアクセスが無くても、コンテンツの追加を続けて行くことが出来るでしょう。普通は、全く反応が無いと挫けてしまって、インターネットでの集客は無理だと判断して諦めてしまいます。

6ヶ月間全く反応の無い期間に、多く公開されるホームページを篩(ふるい)に掛けて生き残った企業だけが検索結果の上位に表示される権利が得られると考えれば良いでしょう。

6ヶ月間、全く反応が無い状態が続くと、モチベーションも低下しますし、無力感も感じます。普通はこの期間に諦めてしまうと思います。

6ヶ月は基礎練習の期間

新規ドメインでホームページを公開してからの6ヶ月間は基礎練習の期間と考えましょう。本格デビューは基礎練習が終わってからです。本格的な試合に臨む前に、地道な基礎練習を続けないと試合に臨めません。試合に出場したとしても、基礎練習無しでは、惨敗は目に見えています。

全く反応の無い、6ヶ月間は、当然反応が無い基礎練習と割り切り、諦めずにコンテンツの追加に労力を注ぐことがとても重要です。

ホームページの担当として、この6ヶ月間にコンテンツの追加を頑張っていても、同僚などから全くアクセスの無いホームページの更新に労力を費やしていることに避難があったりもするかも知れませんが、一定期間は基礎練習で、試合には出られないことをしっかりと認識して、社内の人たちにも理解を得るようにしましょう。

基礎

基礎練習こそ専門家の指導が重要

基礎練習は一番重要な期間で、ここで間違った練習をしてしまって、変な癖を付けてしまうと、上達が遅れてしまいます。基礎練習の時こそ、専門家に付いてしっかりと正しい方法を学ぶべきです。

全く反応の無い期間なので、やって良い事ややってはいけない事をしっかりと身に着ければ、その後のコンテンツの追加にとても良い情報を身に着けることが可能です。

この6ヶ月間にGoogleのガイドラインなどもしっかりと理解して、正しいホームページ運営を身に着け、有効な集客方法も学び、Googleからドメインが評価されて以降に飛躍的にアクセスを稼ぐことが出来るように備えることが重要です。